忍者ブログ

[PR]

2017年10月20日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PCゲームメーカー 『自転車創業』

2013年08月14日
艦これやりながらこんなゲーム如何でしょう?

アイテム探索型謎解きADVゲームを制作している会社『自転車創業』さんです
同人ゲーじゃないよ



ANOS/dvanced ovel peration ystem

というシステムが特徴的なゲームです

ANOSを使用したタイトルは発表順に並べると



『あの、素晴らしい  をもう一度/再装版』

『空の浮動産/圧縮版』

『ロストカラーズ』

『そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ』

『そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ3 ※この世界で2の発売予定はありません。』

『ノベルゲームの枠組みを変えるノベルゲーム。』



ANOSって何ぞやって話ですが体験版があるので実際に触ってみてください (・ω<) てへぺろ



では、身も蓋もないのでざっくりと
記憶管理ツールとしてゲームで使用されており、プレイ中に発見した情報やアイテムをこのツールで記憶させることによって物語を分岐させる
こんなシステムです
それだけなら他のゲームにもありそうなのですが、このゲームセーブ&ロード作業がありません
よくある選択肢の前にセーブ、っていう奴がないのです

公式からですが


 このシステムはどの時点からでも別の分岐に戻って辿り直す事が出来ます。
 そして、既に辿った分岐で得た記憶を他の分岐で使用する事により、新しい展開が発生します。



右回りと左回りの2つがある。
右回りの道を選ぶと途中鍵を見つけたけれど閉じ込められてしまった。
左回りの道を選ぶと目的地にたどり着くことはできたが扉が開かない。

通常のADVですと閉じ込められずに鍵を手に入れる手段が必要なのですが、ANOSの場合ですと鍵を手に入れたら右と左の分岐点に戻り左回りの道を選択して先に進む。

こんな感じでしょうか
当初左回りの道では何も発生しなかったのですが右回りの道での結果を持ち込むことによって新しい展開を切り開きます



入手したアイテムや情報をどこで使うかが重要となり、通常のクリックするだけ、選択肢を選び直すだけのADVと違い謎解き要素が大きくミステリー好きに特にオススメです



何だか小難しく聞こえますが、だらよ3の体験版リンクにも書かれていますが

ともかくやればわかります

冒頭タイトル紹介にそれぞれの作品ページへのリンクが貼ってあるのでてきとーに選択してまずは体験版をやってみて下さいな

現在6作品発表されていますが、『そう、あたしたち(以下略)』、通称”だらよ”を除けば作品ごとにすべて完結しており、発表順にやらなければいけない、なんてことはありません

登場するアイテムや様式美(ヒロインがみんなスイッチを押したがる等)などでニヤッとさせられるところがある以外はどこからはじめてみても問題なしです


オススメは『だらよ』の2作品なのですがいきなり2つはちょっと。。。という人には『ロストカラーズ』がオススメです


以下、よく分かるかもしれない各作品紹介?
下3つが書きたかっただけかもしれないです


ループ系が大好きな人  →  『あの、素晴らしい  をもう一度/再装版』

他とは違う凝ったものがいい人  →  『ノベルゲームの枠組みを変えるノベルゲーム。』


萌え系  →  『そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ』

萌えない  →  『空の浮動産/圧縮版』

うどん  →  『ロストカラーズ』

蚊が嫌い  →  
『たのしいカトリーヌ』



是非艦これやりながらにでもお試し下さいな~



拍手[1回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


PC・オンラインゲーム(全般) ブログランキングへ